こたちまると徒然なるガジェット

猫と車、ガジェット類なんかを気のままに書いてます。

新型デリカD:5は失敗しろ!

はじめに

 十余年続いたモデルがフルモデルチェンジに近い大幅改良を受ける。僕の愛車であるデリカD:5の事だ。


 僕はこの車に並々ならぬ思いを持つユーザーの一人であると断言できる。それは現在所有しているD:5(CV1W)が3台目のD:5であり、総所有年数が8年という大変変わったユーザーであるからだ。


 2回も買い替えを行っている事については置いておくとし、僕の愛情の大きさが少しでも伝われば幸いである。


 話は逸れたが、僕がなぜこの三菱 デリカD:5 に乗り続けるのかを一言で表すと「スーパーオーラウンダー」であるという一点に尽きる。

 

デリカの美点

デリカを愛する理由として

・8人乗り

・広大な室内・荷室

・走行性能(オン・オフ)

・経済性

・デザイン

・安全性

などあげられる。とにかく車を道具として考えた際に、これを超える車はないと思っている。


 確かに、部門別の競争では優秀なライバルはたくさんいるだろう。乗車人数や空間ではハイエースなどに適わないし、走行性能ではオンロードやオフロードでも決して頂点ではない。経済性も安全性もトップではない・・・・。


 ただ、総合的に判断した場合、いずれの部門でもそこそこの位置にランクインしてくると僕は勝手に考えており、その結果として、トータルバランスの非常に高い車だと考えている。つまりCMのキャッチフレーズである「ミニバンじゃたどり着けない!SUVじゃ積みきれない!」ってことになる。


デリカはハードなテストに耐えている! 

そんなデリカは割と過酷な状況を想定して、設計とテストが行われている。パリダカのサポートカーとして7000kmを完走しているし、車両テストにおいてもパジェロとほぼ同等内容を実施している。

 真偽の程は判らないが、「リブボーンフレーム」でのボディ補強、45度の登坂能力、SUVとして恥じないクリアランスや750kgの牽引性能を保障しているあたり、市販車の中ではかなりハードな部類に属すと信じている。そんなハードボイルド感にユーザーは惹かれているわけだ。


徹底した道具感 

もっというと、デリカのエクステリア、インテリアは決しておしゃれなものではなく、シンプルで高い機能性を有していると僕は感じている。たとえばエアコンダイアル。今時珍しい3連ダイアル式の最大のメリットは視認性と素早い操作だ。ハンドルから手を放す時間を最小限にとどめる。また寒冷地での使用を考え、グローブ着用時でも操作が行える大きさでデザインされている。このようなところが一般道においても安全性に貢献していると僕は考えている。

 

ビッグマイナーでのオラオラ感

デリカ愛の話は尽きないのだが、今回のビッグマイナーチェンジにはひどくがっかりした。フロントマスクはひどく攻撃的なものに変更され、上記のエアコンはデジタル式に変更された。ステアリングも油圧から電動へ変更し、新エンジンの尿素タンク設置の為スペアタイヤは廃止された。オーバースペックな部分はスポイルされ、現代の車に求められる予防安全性や経済性の方にステータスの割り振りが見直された格好だ。

 

車としては正常進化

 もちろんその一方で、ビッグマイナーチェンジの名に恥じないアップデートを行っている。ハード面では新エンジンによる出力、燃費、騒音性能の向上、8速ATによりローギアード化&ハイギアード化、新サスペンションに伴う路面追従性の向上などが実施され、ソフト面では予防安全装備の標準化、エクステリア&インテリアデザインの高級化、専用ナビの設定などが目玉となっている。


 どこからどう見てもトヨタ自動車アルファードヴェルファイアを意識した内容になっている。俗にいう「オラオラ系」である。別にそのこと自体を否定する気はない。時代の流れに乗り続けることも大事だろう。ただ、それを50年も続くデリカブランドで行う必要があったのかという問題だ。


 デリカを愛しているユーザーはそのタフな性能に、アルファードヴェルファイアユーザーはそのステータス性にお金を払っている。この2台は基本性能は抑えながらも、余ったステータス値をどの方向に振り分けるかという点で正反対のタイプに属しているわけだ。


 オラオラ系のトップランナーに泥臭い系のトップランナーが追いつこう、追い越そうなんて無駄な努力に見えて仕方ない。いくら頑張っても取ってつけたようなインテリアやエクステリアはバランスもセンスも品質にも欠けるだろう。ことインテリアに関しては天下のトヨタに敵うはずもない。

デリカを支えてきたユーザーは捨てられるのか

 僕はこのデリカが売れないことを切に願っている。三菱がここ数年の苦境に耐えられたのは、昔からのユーザーがいてくれたからだ。もちろん会社の体力もあるだろうが三菱の作る車に、泥臭い車に魅力を感じるユーザーがいてくれたからだ。このデリカが戦略通り売れてしまうと、客層がゴロッと変わってしまう。古いユーザーは三菱に見切りをつけ改宗する。そして愛着を持っていない新規ユーザーは次の乗り換え時に三菱を買ってくれるだろうか。


 このビッグマイナーチェンジが失敗し、フルモデルチェンジのとき(その時はエルグランドと統合か?)に目を覚ましてほしいとおもう。

ゴルフ始めました。結構楽しいぞ

タイトル通りですがゴルフをはじめました。といってもすでに約1年が経過しようと思います。

 

これからゴルフをはじめようか迷っているような方に、なるべく簡単に、安くゴルフを楽しめる情報をお伝えできればと思います。

 

きっかけは弟くんの熱心なお誘い。

 

僕がゴルフに対して抱いていた印象は、ゴルフをしたことない皆さんとそう変わらないものでした。

・お金がかかる

・スポーツを呼べるのか

・おじさんの競技でしょ

・・・・etc

 

実際にやってみると・・・とっても難しい!!!

 

止まっているボールを打つのがこんなにも難しいとは思いもしませんでした。

 

ゴルフを馬鹿にしていた自分を弟くんはにやにや見ています。

 

自分で言うのもなんですが、スポーツは何をさせてもそれなりにこなせるタイプの人間なんです、私は。

 

おじいちゃんのも負けちゃう飛距離にちょっと悲しくもとっても悔しい!!!

 

ここから猛特訓が始まるのでした。

痛風の症状はまず足!特に親指に来ることが多い!とにかく痛い。

こんにちわ。こたちまるです。

 

実は私、齢30にして

 

痛風持ち

でございます。

世の中には様々な人がいてますね。30にしてハゲ。30にして糖尿。30にして童◯。そんななか痛風持ち、特にすでに発作が起こった30歳というのはなかなかレアなのではないでしょうか。

 

それはある日突然やってくるのです。

その日は目が覚めて、ベットから一歩踏み出した時点で異変に気が付きました。足を床につける事が出来ない程に腫れ上がり痛むのです。

 

「折れてるな、これは。絶対」

 

確信しました。

 

病院に勤めているので普通の会社では考えられませんが、勤務中に診察を受ける事が出来ます。

 

事情を説明し、整形外科の診察を受けることにしました。

 

その間もずきずきと痛む足。必死に原因を考えます。

「そういえば昨日、激しめに躓いたな。」とか

「スポーツのしすぎで疲労骨折か?」とか。まさか痛風であるとは思ってもないので「なぜ折れたか」を必死に考えていました。

 

足はもうアンパンみたいに膨れていました。

 

ようやく診察に呼ばれ、先生に足を診せた瞬間に

「あーこれ痛風ね。」

だって。ww

「まぁ念のため写真(レントゲン)は撮りますけど十中八九痛風

やね。(^o^)」

足を引きずりながら取ったレントゲンはとってもきれいで全く折れてませんでした。

一緒に血液検査も行った結果、尿酸値が11mg/dlくらいの数値で

「2桁超えは初めて見た!」と少しばかり医師を興奮させました。

 

ところで痛風に対する根本的治療はありません。

 

発作が起これば消炎鎮痛剤で痛みをとり、飲み薬で尿酸値が上がらないようにコントロールする、対症療法しかありません。

 

とにかく痛み、腫れを取らないことには進まないのでボルタレン錠と座薬、それに貼るタイプの麻薬を処方してもらいました。人生初、座薬&麻薬!

 

麻薬は皮膚から摂取(?)します。胸に貼ることが多いです。

痛みが消えたかは覚えてないのですが、副作用がとにかくエグかったことはおぼえています。相性もあるようですが、僕の場合はめまいと吐き気がとにかくすごかった。

貼ったことを忘れて数時間後に

「なんやろ、なんでこんなに気分悪いんや・・・ぎもじわるい。」

といってリバースしてました。

 

「体調わるいからはよ寝よ」と思って風呂に入ろうとした時に麻薬を見つけ、「これか!?」と剥がしてみたらすぐに回復しました。

恐るべし麻薬。。。。。。

 

次の日からはボルタレン錠を朝昼晩に2錠ずつ飲みます。これは完全に処方限度を超えた使用方法で通称ボルタレンシャワー」。

浴びるように飲むんですわまじで。胃とか腎臓に負担がかかるけどそんなこと言ってる場合じゃねぇとばかりに飲む。

まぁ結局座薬をいれたんだけどね。

 

まあこの先何十年も薬と付き合わなければならないとはさきがおもいやられます。

アクセラスポーツを手放しました。欠点をお伝えします。

こんにちは こたちまるです。

 

このへっぽこブログの主力記事となっているアクセラスポーツですが、約1年間乗った結果手放しました。





 

 

1年13000キロ乗った感想を元に、ダメ出しをしたいと思います。オーナーの方はページを閉じてもらったほうが良いかと思います。

 

1、マツコネ

言わずとしれたマツダコネクトですね。ナビ、オーディオ、車両情報などを一元管理出来る代物です。

コンセプト自体はとても良いと思いますがいかんせんその出来が悪いのが問題です。

詳しく説明すると

イ、液晶が荒く今の時代にそぐわない解像度でがっかりします。特にバックカメラとの相性が悪く夜間は見えません。

ロ、ナビの性能が低くがっかりします。お値段は4万円程度で外国製のものになります。目的地を検索するだけで相当なストレスがかかり、担当者におすすめの検索方法を聞いたら「スマホで調べてインポートしてください。」だって。ふざけるな。ということでナビは買ってません。

ハ、CDはオプションを付けないと聞けません。USBを使うかBluetoothで接続します。

ニ、デザインがいまいちです。インパネの上にドシッと構えてますがまあお世辞にもスタイリッシュとは言い難い状況ですね。

まとめ:そういうオプションがあっても構わないが、レスに出来ないのは問題。百歩譲って低スペックなものを押し付けてくるのが理解できん。

 

2、シート

こちらのブログでも何度か書いていますがとにかくシートの出来が良くない。ネットを調べると賛否両論あるが、一番気に入らないのはヘッドレストの角度。ホンダもそんな感じの角度でかなり気になる。肩がこる。集中できない。ドイツ勢もそんなに前に倒れていない。推測ではあるが、衝撃時に自動で前にでて頚椎を守る機構がつけられないからそのような事をしているのだと思う。安全性を売りにしておきながらそういうコストダウン、それをユーザーに我慢させる事が気に入らない。

あとは根本的に柔らかいし、ドラポジが永遠に決まらない。スポーツ感を出すために少し寝かしたセッティングがベター?でもサポート弱くて・・・・結局レカロに変えました。でもレカロを入れたところでドラポジを調整しない日はなかったなぁ。

 

3、チープ感

デザイン等、目に見えるところはすごく頑張っている。が、ちょいちょい安物、もしくは自社ものを使おうとしている。気づいたところはホイールとガラス。ホイールは自社製。別に自社製が悪いわけではない。ただマツダのホイール制作技術がどの程度のものかはわからないが、餅は餅屋。マツダ程度の規模で量産効果が働くとは到底思えない。ましてやアクセラ程度の車に専用チューニングを施すわけでもない。けちっているのか。。。(推測)

ガラスは韓国の会社。別に性能が良ければ良いのだが、とにかく暑い。IRのカット率が低そうだ。真夏は鼻毛が焼けそうなくらい車内の空気が暑くなる。ハンドルもしばらく持てない。また映り込みがひどい。

 

4、機能性の低さ

当ブログでも書いているが、雨水の処理が全くと行っていいほど考えられていない。ガラスの映り込みもそうだし、エアコン操作パネルもそう。とにかくデザインを重視しすぎていて肝心の機能性がとても低い。後部座席もお世辞にも広いとは言えず、ファミリー用途にはむかない。

 

5、ATの学習機能の低さ

1500ccにおいて6ATは相性が悪いです。詳しいセッティング等は見ていないが、とにかく1500ccに対して何のセッティングも行われていません。また学習機能が無く変速タイミングが一定であるのも気に入りません。具体的には4速までは無理やり早く変速します。その後なるべく早く6速に入れようとします。高めのギアを使いたがるわけです。でもトルクがないからすぐにシフトダウンしてしまう。だったら最初からあげるなよ!と思うわけです。「今時の車なら学習機能がついていて・・・」と期待していましたが変速マップは全くかわりませんでした。

 

とにかく手放しちゃいました。

f:id:yamati1987:20171111213505j:plain

 

次の相棒に選んだのはデリカD5です。

またちょいちょい書いてゆきます。

BMWから招待されてしまいました。i3商談編

こんにちはこたちまるです。

 

先日作成したi3の記事がたくさんのアクセスを頂戴しているようで嬉しい限りです。

 

cotacota.hatenablog.jp

 その後、BMWさんから直接お電話をいただき、「お話だけ」することになりました。

 

f:id:yamati1987:20171012230055j:plain

エルベオート様のサイトより拝借

BMWディーラーの存在は知っていましたが伺うのは初めてでした。

まぁなんというかもう、

「金持ちオーラ」のすごいのなんのって

ついた瞬間に、お迎えの方が3名程来られて誘導してくださいました。

うちのミブオことi-MiEVは借りてきた猫状態で肩身が狭そうでした。

 思うに高級車を売るという事はこういう事なんだなぁと改めて思いました。

BMWのオーナーになると、こんな風に生活が色づくよ~」と消費者にイメージさせることに重きを置いた店づくりになっていました。

 

で、今回は本当にお話だけ。

正直なところ、高級車ディーラーに入ったのは今回でたった2回目(1回目はヤナセメルセデスベンツ)だったのですが、両方の特徴としてはいきなり金額の話はしません。(というか、私の場合は完全に見切られていた可能性が高いですが。)

 

今日着てきた服の話であったり、趣味の話、簡単に職業を探ってきたり・・・

 

セールスマンのデータベースが蓄積(役に立つデータはほとんどなかったと思うが)されたところで展示車にてくまなく説明をしてくださいました。

 

この車のポリシー

今回のiシリーズは、カテゴリ―的には”電気自動車”にはなるものの、その思想はそれだけにとどまらず、世界をリードする先進性を凝縮させた車である。

ということみたいです。

 

具体的には「ボディ形状をゼロベースで再設計することにより、効率的なキャビンを実現している。」とのことです。

搭乗者が広さ、狭さを判断する際には、「物理的な広さ」と「視覚的な広さ」で判断しています。そのため、i3ではその両方の広さを確保するための様々な工夫を施しています。

f:id:yamati1987:20170823114150j:plain

f:id:yamati1987:20171014223346j:plain

まず物理駅な広さを演出しているものの一つ目は特徴的な観音扉です。小さいボディにとって、Bピラー(真ん中の柱)が取り払われることのメリットはとても大きく、後部座席へのアクセスも容易に行えます。

二つ目はシート形状です。i3のシートはとても薄く、軽量に設計されています。シートの厚みは豪華さや安心感を演出するのにはもってこいですが、小さい車に採用するにはスペースの問題やコストの問題が付きまとってしまいます。かといって単純に薄くするだけでは安全性、快適性、操作性に影響が出てしまいます。BMWは以前に業務提携をしたトヨタを通じ、トヨタ系シートサプライヤーと共同開発を行ったそうです。(たしかアイシン精機だったと記憶しています。)それにより、BMWが求める厳しい基準をクリアした薄く、快適で操作性に優れたシートを採用することができました。

f:id:yamati1987:20171014223518j:plain

三つめはインパネ形状です。大変特徴できなのは、メーターがほとんど存在しない事です。速度などの情報はハンドル前方の大型スマホ程度のモニターで確認します。ナビゲーションや車両情報に関してはセンターに配置されたタブレット程度のモニターに映しだされます。また、i3の駆動系の大部分はリアに搭載されている事もあり、結果としてインパネと呼ぶべき部分の容量が大変少なく設計されています。

少し長くなりましたので、今回はこのあたりで。

次回は視覚的な広さの演出について掘り下げたいと思います。

 

モテたいってなんやろう。モテるって実は危険かも

こんにちはこたちまるです。

 

ちまたには”モテ”が溢れてますよね。

モテる髪型だったりモテる服、モテるメイクやモテる自撮り。

 

なんかなー、ちゃうんよな。”モテる”=”不特定多数から恋愛感情をいただかれる”ことでしょ?ほんまにそんなこと望んでるんかな?

 

最近は”モテ”=”不特定多数の人から好かれる格好や言動”というニュアンスが強い様に思う。事なかれ主義の成れの果て。みんな”流行っている””モテる”という理由で同じような格好に、同じようなメイク、同じような流行り物をもって個性を消してゆく。

 

恋愛って、行き着く先はセックスなんだと自分は解釈してまして、やはり生き物として種の保存をベースとしたパートナーを見つけることが人生全体においての最高の喜びではないかと悟ったりしています。

 

その理屈で言うと、男女はお互いに、遺伝子の中和を図っているはずなんです。潜在的に、本能的に。

 

だから背の高い人は背の低い人、細い人はふくよかな人、イケイケの人はおっとりした人・・・という風に自分となるべく反対の遺伝子に惹かれるはずなのです。

 

各パーツにおいても同じ事が言えて、目の大小や口、鼻の高い低い、顔の大きい小さい等、可能な限り自分と反対のものを持っている方がとっても愛しくなるように神様は設計されてると思うんだよね。

 

結局なにが言いたいかって言うと、「流行り物で自分の個性を消すのはもったいないよ」ってこと。

 

自分のコンプレックスをさらけ出す事はとっても勇気がいることだと思うけど、それを完全に隠すことは、遺伝子的にそれを求めている、真にあなたの事を愛してくれる人への目印を消しちゃっているってこと。

 

車に例えて言うなら、皆が皆大衆車、たくさん売れる車になろうとしている状態。大衆車には大衆車の良さがあるが、本当にその大衆車を愛して長年乗り続ける人はとても少ないと思う。

それよりも、とっても癖があって、短命で生産が終了したようなモデルは、部品の供給が終わっても頑張って乗り続けようとするオーナーがいたりする。そんな愛される車になったほうが絶対お互いに取って良いと思う今日このごろでありました。

【ランサーズ】一ヶ月の獲得金額

こんにちはこたちまるです。

 

ランサーズを初めてちょうど一ヶ月がたちました。獲得できた金額は

 

23000円!!

 

すごくない!?

 

すごくない!?

 

ド素人の自分でも好きなことなら結構サラサラとかけるもんで、

過去1年 | すべて
受注数
10
提案数
7
作業数
39
 5

 

評価数
7
良い評価率
100%
¥29,898
1依頼当たり
¥650
100%
100%

 

これが自分の今の実績です。

 

こんな自分がアドバイスできるとするならば

最初はコツコツタスクをしましょう。そうするとどっかから直接仕事の依頼が来るんですね。

 

そこから広げていけば割りと簡単に稼げるもんです。

 

そりゃバイトに行くほうが楽に勝手に稼げますけど、出勤せずに、場合によっては全裸にアイス咥えながらでもお小遣い稼ぎできるのは素敵ってもんです。