こたちまると徒然なるガジェット

猫と車、ガジェット類なんかを気のままに書いてます。

アクセラスポーツ 1年13000キロ走行後の感想 実燃費

こんにちはこたちまるです。

 

アクセラスポーツの記事に検索でたどり着いてくださっているみたいで大変感謝しています。へっぽこブログですが頑張って行きたいと思います。

 

早いもので昨年の7月に納車され、1年が経ち走行距離も13000キロを走破しました。

納車のときからは抱いている印象も変化してきましたのでそのあたりをお伝えしたいと思います。

 

最初はね、正直「ミスったかな」と思ってました。乗り心地は硬いし、アクセルはピーキーだし、ブレーキは効かないし。。。。

 

ちがうんですよ、奥さん!

 

すべてヨーロッパ車だと思えば普通のことなんですよ。(ちなみに欧州車は乗ったことありません。)

 

イメージで言うと、

「馴染んでくる」

とういうプラシーボ的なやつなんですよ。

 

例えばサスペンション

もちろん自分自身の慣れの部分が大きいことは間違いありません。それに、サスペンションが当初より柔らかくなったこともまた事実でしょう。段差やコーナリング中のハネは角が取れて、スムーズさを醸し出しつつあります。ただし、チューニングがおそらくディーゼルと共通なので、ねらっているところよりも車体の軽さからくるハネがいつまでたっても残る可能性もあります。

 

ブレーキ

ブレーキは、「私が間違っていました!」踏めば踏むだけ聞くようにセッティングされている、玄人好みのブレーキタッチでありました。最初はよく追突しそうになるんです。

①踏み始めはそんなに効かない。

②車の出来がよくて、実際の速度より遅く感じている。

この二点により、思ったところにブレーキングできないという嬉い悩みが発生します。当然、「馴染んでくれば」大丈夫ですよ!

アクセル

アクセルは今でもピーキーだなと思います。特に超低速には気を使います。今回の6ATはなるべくロックアップさせるセッティングをされていますのでダイレクト感がとても強いミッションとなっています。マニュアルを諦めなければならないユーザー(私もその一人)にはとっても嬉しいのですが、1速はもうちょっとトルコンを使ってほしいなとも思います。まちなかでは大変ギクシャクしてしまいます。ほんと、下手くそなMTみたいに。 あとギア比がおかしいのはおかしい。学習で合わせてくるのと、自分もなれることで大体の変速ポイントはつかめるようになりましたが。

 

燃費

結構すごいんです。

私は毎日片道17キロの山間部を通勤しております。平均速度は35キロほど、少しばかり勾配がありますが、目に見えた坂道はありません。空調を全く使わないシーズンはだいたい16キロ、ヒーターやクーラーを使うと14.5キロ程度になります。年間通じては15キロほどになるでしょうか。カタログが19.6キロですから、76%の達成率で悪くはないと思います。大阪から三重まで高速に乗ったときは18キロほどを示していました。ホント優秀です。

 

次回はそんなアクセラのウィークポイントをお伝えしようと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。