こたちまると徒然なるガジェット

猫と車、ガジェット類なんかを気のままに書いてます。

そんな私の車遍歴

こんにちは。こたちまるです。

 

ど田舎育ちの車好きがどんな車に乗ってきたのかを書いて行きたいと思います。興味ある人ない人とりあえず見ていってください。

 

車デビューは16歳です。田舎なので私道がが多くそんなところで乗っていました。初めは母親が乗っていたフォレスターのNA。とっても見切りがよく結構パワフル。子供ながらに良い車やなぁって感じていました。もちろん欠点もあります。このころのスバルは後部座席が殺人的に狭く、ファミリーカーとはお世辞にも呼べませんでした。そんな車に家族5人で旅行にいったのは今では良い思い出。

「節子、5人乗り5人乗って長距離は無理なんやで」

 

その後、父親の乗っていたインプレッサの1・5iというのに乗ります。涙目のスポーツワゴンですね。これがまた遅いのなんのって、MTだったから多少マシでしたけど、ATは普通に死ねるくらい遅かったですね。後のネット検索でどん亀で有名なことに気づきました。しかしこれまた素晴らしい車でもありまして、さすがはラリーカーの血を引く車。とにかく剛性が高いのと回頭性の良さ、そして高速安定性が凄まじかった。高速では道路に吸い付きとても安定する。まあ再加速はほとんど不可能なのだけれどもね。また、この車でボクサーエンジンの魅力に気がつきます。

「アイドリングめちゃ静か」すごい静か。かかってるのかこれ?ってかんじで。機会があればもう一度乗りたい車。

 

お次は軽のKei。ターボ付き。オートマだけども加速はピカイチ。燃費最悪。剛性感ないしブレーキ頼りない。ある意味すごくエキサイティングな車でした。スズキのK6Aエンジンってものすごい速いことに気がついた。すぐにおりたもののこの頃からスズキの変態的な車に毒されてたのかもしれません。

 

お次はラパンssこれまたターボ。Kei以上に剛性感低いし実際初代ラパンってもっとも危険な車らしい。ものすごく早いけど死に近づいている気がして仕方なかった。子供が大きくなりミニバンへ

 

デリカD5買いました。予算の関係で二駆しか買えなかった。最初は全く好きになれなかったデザインも、乗っているうちにだんだん好きになり、今では大好きな車の一つになってます。この車でスキーに行ってチェーン忘れてスピンしました。崖下に落ちる手前でガードレールに助けられた。松下幸之助じゃないけども、自分はついているなと感じましたねぇ。

 

でも二駆のデリカは雪山で全然デリカらしくなかった。

 

乗り換えました四駆デリカに。

もうアホでしょ。でも過去最高でしたね。何がいいってオンリーワンをぶっちぎってる感じで、他の車が全く羨ましくなかった。雪山も行ったし山も余裕!ただその時は平成のオイルショックでガソリンが200円前後の時。辛かったぁ

 

家買うために手放しました。三年乗って200万で買い取ってくれたのでほとんど足は出なかった。とってもよい車でしたね。また買っちゃうかも。

 

ちょっとの間、セカンドカーとして購入したプレオに乗ってました。ダイハツ製ではなくてスバル製のプレオ。8年落ちで込み込み20万。車検2年付き。エアコンは全くもって効かなかったけどこいつがいたおかげでデリカを手放し、家のローンを組むことができた。感謝。

 

その次にソリオに乗ります。ワゴンRのサブネームから独立した新生ソリオの初代ですね。こいつがマジやべぇっていうくらい弱点がありませんでした。燃費よし利便性よし維持費よし、強いていうならドライビングプレジャー?楽しくはなかったですね。なんだかね、ブスだけど料理とかめっちゃできるカノジョみたいな感じで別れるのが苦しかった。

 

そしてそして今のアクセラになるわけですね。たくさん乗ってきましたねぇ。結構浮気性なのかも(笑)

 

長々とお付き合いいただきありがとうございました。