こたちまると徒然なるガジェット

猫と車、ガジェット類なんかを気のままに書いてます。

マツダ アクセラスポーツ レビュー(インテリア編)

こんにちは。こたちまるです。よろしくお願いします

基本情報

マツダ アクセラスポーツ

15s 1500CC 2WD  6AT
ソウルレッドプレミアムメタリック



f:id:yamati1987:20170507154454j:image

インテリアの特徴


f:id:yamati1987:20170507154604j:image

シンプル・イズ・ベスト!スポーティーな内装かと思います。ソフトパッドや金属調の部品を使い、質感の高さが伺えます。ただし、
f:id:yamati1987:20170507154720j:image

シフトノブ周辺や
f:id:yamati1987:20170507154835j:image

パワーウィンドウのスイッチ周辺に使われているピアノブラックは全く必要ないと思います。とにかく指紋がつきまくり、ホコリつきまくりで精神衛生上よろしくありません。


f:id:yamati1987:20170507155518j:image

視界は可もなく不可もなく、鼻先の長い車に慣れていない人はひょっとすると億劫に感じるかもしれません。




f:id:yamati1987:20170507155738j:image


右前方の死角。よく頑張っている方では?もっと見えない車、いっぱいありますからね。


f:id:yamati1987:20170507155616j:image

ちょっと左に頭を動かすとこんな感じ。

運転席から見回すと、


f:id:yamati1987:20170507155837j:image


f:id:yamati1987:20170507155727j:image


f:id:yamati1987:20170507155911j:image

こんな感じ。デザインで窓が多少犠牲になっているものの、基本的な見切りについては全く問題なし!

シートについて

こちらがアクセラに搭載されているシートです。
f:id:yamati1987:20170507160030j:image

結論から言うと、(私にとっては)クソみたいなシートです。

素材が今までとは違うようでとても柔らかいです。メーカーのホームページでは、「大柄な人には包み込むように、小柄な人には反発し、沈みすぎないように」といった趣旨が書かれていました。が、!これはホント駄目です。柔らかすぎますね。特に


f:id:yamati1987:20170507160524j:image

が柔らかい上に体から遠く、頚椎をサポートしません。一切触れません。触れさせようと、体を沈めようものなら、容赦なくヘッドレストが襲ってきます。


f:id:yamati1987:20170507160815j:image

↑前傾すぎるやろ!

このシートのお陰で、ドラポジが全く決まらず、肩こりが大変なことになりました。


f:id:yamati1987:20170507160959j:image

ハンドルとメーターの角度もなんだか変な感じで、ちょうどよいところにハンドルをセットするとメーターが見えず、メーターが見えるところはしっくりこず、といった泥沼にハマります。このドラポジにイライラしすぎて一時は売却を本気で考えたりもしました。

ただし、ディーラいわく、しっくりくる人にはめちゃくちゃ評判が良いと、賛否両論なので、試乗の際は入念なチェックをおすすめします。

私は結局レカロシートを入れました。少しばかりマシになりましたがハンドル、メーターの問題もあり、未だに納得のポジションは見つかっていません。
f:id:yamati1987:20170507161814j:image


f:id:yamati1987:20170507161255j:image

リアシートはゆったりしています。リクライニングこそありませんが、二人ならかなりゆったり座れますし、三人でもそこそこ長距離も可能です。


f:id:yamati1987:20170507161402j:image

レッグスペースも前席を比較的ゆったり目にセットしてもこのくらいの余裕があり、 

f:id:yamati1987:20170507161507j:image

現実的なではありませんが前席をかなりタイトにするとこんな感じで広々です。


f:id:yamati1987:20170507161547j:image

アームレストにカップホルダーがついてます。トランクスルーはできません。

 

まとめ

質感こそ高めではありますがシートがとにかく悪い(というか私には合わない)。

見かけにお金をかけすぎているように思いました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。