こたちまると徒然なるガジェット

猫と車、ガジェット類なんかを気のままに書いてます。

マツダ アクセラスポーツ レビュー(デザイン編)

こんにちは。こたちまるです。よろしくお願いします。

 基本情報

  • マツダ  アクセラスポーツ
  • 15s 1500CC 2WD  6AT
  • ソウルレッドプレミアムメタリック


f:id:yamati1987:20170507121647j:image

 

エクステリアの良いところ

 デザインの話になると結構荒れますが、個人的にはこのクラスではかなり上位に来ると思います。

 このデザインが、購入動悸の40%程占めています。全体的に妥協の少ないデザインでかなり満足しています。特に横のからのラインが素晴らしいですね。
f:id:yamati1987:20170507123740j:image

古典的ですが出来る限りのロングノーズを採用していますね。



f:id:yamati1987:20170507124346j:image

ボンネットからサイドに流れるラインが存在します。



f:id:yamati1987:20170507124405j:image

このラインはフロントドアのノブのあたりでふっと消え去り、リアドアのノブの前から別のラインが姿を表します。

 
f:id:yamati1987:20170507124741j:image

最終的にクッと持ち上げ、バックドアのラインへとつなげています。デザイナーが意識したという「獲物に飛びかかろうとする瞬間」という意味がわかる気がします。


f:id:yamati1987:20170507124929j:image

ホイールハウスの隙間も少ない方だと思います。私はコストや乗り心地の為16インチですが、18インチが映えるのま紛れもない事実であります。ホイールのツラにしても普通に見て奥まっている事は全くありません。


f:id:yamati1987:20170507125427j:image

左右に踏ん張りの効いたデザインです。サイドのラインをテールランプが受け止めるようなイメージになります。

 

但し、美しさで言えばセダンのほうが断然美しいです。ハッチバックも新型からはお尻の無塗装部分を最小限にし、デザイン的重心を下げてありますが、セダンは全長が少し長い分、どっしりと、かつ伸びやかな感じを受けます。

 さらに「このクラスでは」と書いたのは、このデザインの基礎にあるはやはりアテンザであり、アテンザの縮小版であるアクセラに関して寸詰まり感は否めません。

 

 ボディカラーはマツダのイメージカラーであるソウルレッドを選択しました。大変美しく気に入っております。

 その日の天気や角度、洗車の有無で表情が変化します。洗車後の晴天、つまり一番良い条件が一番綺麗ですね。当たり前っちゃぁ当たり前ですが。

 

デザインの悪いところ

 

f:id:yamati1987:20170507130117j:image

FFに起因するオーバーハングの長さが気になります。いゃぁまぁ頑張ってるのはわかるんです。もう数センチなんとかならなかったかなぁ。かっこわるいとまでは言いませんがロングノーズの割にはアンバランスな感じがしますね。

あと、デザインって今回頑張っている感性的なものと、ハイエースなんかの機能的デザインがあると思うんですよ。

アクセラに関してはこの機能的デザインがかなりないがしろにされているなぁと感じます。

具体的には排水を全く考えていません。一度洗車をすればわかると思いますがとにかくチリ(隙間)に水や泡が大量に入り、お流しが大変です。
f:id:yamati1987:20170507131317j:image
ドアの内側がめちゃくちゃ汚れます。


f:id:yamati1987:20170507131348j:image

ドアの中を排水路としているみたいなのですが、腐ったりしないのかなぁと心配です。というのも雨の翌日にドアを開けた時、この穴からポタタタタっと排水されるのでその間雨水を保持していることになります。今のところ問題ないですが気になりますね。


f:id:yamati1987:20170507131713j:image

美しいソウルレッドですが、弱点もあります。とにかく弱い(笑)小石で穴が空いてますし、道端の草でも小キズがたくさんできています。また、パーツごとの色合わせが未熟で、ある一定の角度以外は明らかに違う色に見えてしまいます。

板金が効かないことが最大のウィークポイントかもしれません。

まとめ

200万円クラスのCセグメントとしてはかなり良いと思います。但し、わかりやすいデザインで飽きや流行がすぎると古臭さを感じるかもしれません。その点ゴルフはシンプルながらも先進性、伝統をうまく融合させていますね。好みの問題が大きいジャンルですが私は好きです。というか好きだから買ったんだけどね(笑)

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。